マーケット分析コメント

【ZS】Zスケーラーは買いか?

- この記事は3分で読めます-

『また米株が上がり出した!』
『この上昇相場に乗りたい!』

先週まで米株は、下落ムードに包まれていました。しかし、今週に入るとそのムードが一変し、米株は反発しています。

こういった上昇相場に乗って稼ぎたい!と思うなら、やっぱり米国のハイテク株の買いでしょう。この点いついてはクアルコム(QCOM)の記事でも書きました。


今回はクアルコム(QCOM)のような半導体株かそれ以上の上昇がみられる『ネットセキュリティ関連の米株』について考えてみます。

ネットセキュリティ株の中でもジェイは『Zスケーラー(ZS)』という株に注目をしています。この点については2か月前に記事を書きました。

そのZスケーラー(ZS)は今も買いなのか?他におすすめの銘柄はあるのか?

今日はこの点について考えてみます。


結論

Zスケーラー(ZS)は今買う株ではない

この記事の対象となる人

米ハイテク株を買いたい人

Zスケーラー(ZS)は買いか?

ネットセキュリティ株の中でも、株価が急上昇しているのがZスケーラー(ZS)です。

Zスケーラー(ZS)のチャート

Zスケーラー(ZS)の日足チャート
Zスケーラー(ZS)の日足チャート(2020年4月以降)

2か月前のジェイは、Zスケーラー(ZS)について強気の見方をしていました。

じゃぁ今は?


結論から言うと... 2か月前とはその逆の見方です


今の状況でネットセキュリティ株を買うなら、ジェイはZスケーラー(ZS)ではなく他の銘柄を選びます。

その理由は以下です。

・高すぎる株価
・稼ぐ力が弱い
・少ないフリーキャッシュフロー

ひとつひとつ見ていきましょう。


高過ぎる株価

株価が『高すぎる / 低すぎる』という評価は”相対的”である必要があります。相対的であるためには、他の企業の株価と比較する必要があります。

なので今回は、Zスケーラー(ZS)のライバル企業をジェイの方で3つピックアップしました。

・パロ・アルト・ネットワークス(PANW)
・フォーティネット(FTNT)
・チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(CHKP)

上のライバル企業はZスケーラー(ZS)と同じく、いずれも優良企業であり、かつ株価も上昇傾向にあります。


株価の比較してみると

まずはそれぞれの株価を比較してみると...

Zスケーラー(ZS)の株価
2020年10月2日時点の株価

Zスケーラー(ZS)の株価は、パロ・アルト・ネットワークス(PANW)に次いで高い水準にあります。




株価とは、企業の稼ぐ力が反映された結果です。

なので本業で稼ぐ力を示す指標...

『営業利益』

を見てみましょう。


Zスケーラー(ZS)の営業利益

Zスケーラー(ZS)の営業利益(2017年以降)
Zスケーラー(ZS)の営業利益(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars

トランプ米政権が発足した2017年以降のデータをみると、Zスケーラー(ZS)の営業利益は常にマイナスとなっています。つまりZスケーラー(ZS)は赤字企業ということです。

さらに営業利益の推移(曲線)を見ると、右肩下がりになっていることがわかります。

特に2020年7月は、営業利益の赤字額が急速に拡大しています。

その理由は『積極的な営業』にあります。

Zスケーラー(ZS)のコスト

Zスケーラー(ZS)のコスト一覧(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars
Zスケーラー(ZS)のコスト一覧(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars
  

上のチャートが示すとおり、Zスケーラー(ZS)はセールスとマーケティングに多くのコストをかけていることがわかります。

今のZスケーラー(ZS)は、未来の利益を獲得するために先行投資をしている時期にあるということです。

しかし営業利益の推移を見ると、多額の投資に見合うだけの収益を上げることができるどうか?については、今後の利益の推移を見る必要があります。




次に、ジェイが米株の投資で最も重視する『フリーキャッシュフロー』についてみてみましょう。

キャッシュフローって何?という人は、以下の記事をご覧ください。

フリーキャッシュフローとは簡単に言えば...

『企業が自由に使えるお金の量がどれだけあるか?』

を見る指標です。


フリーキャッシュフローの比較 その1

Zスケーラー(ZS)のフリーキャッシュフロー(2017年以降)/  Millions of U.S. Dollars
Zスケーラー(ZS)のフリーキャッシュフロー(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars

Zスケーラー(ZS)のフリーキャッシュフローを見ると、2020年7月時点で『2,800万ドル』です。

一方、パロ・アルト・ネットワークス(PANW)は同年6月時点で『8.21億ドルです。


フォーティネット(FTNT)チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズCHKPのフリーキャッシュフローもみてみましょう。

フリーキャッシュフローの比較 その2

フォーティネット(FTNT)とチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(CHKP)のフリーキャッシュフロー(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars
フォーティネット(FTNT)チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(CHKP)のフリーキャッシュフロー(2017年以降)/ Millions of U.S. Dollars

2017年から直近のデータまでの平均額は、フォーティネット(FTNT)『3.65億ドル』チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(CHKP)『6.99億ドル』です。

つまり、Zスケーラー(ZS)はライバル企業と比べて『キャッシュ・リッチな企業ではない』ということになります。

Zスケーラー(ZS)の稼ぐ力とフリーキャッシュフローを考えるならば、142ドルという今の株価はやはり高すぎるとジェイは考えています。


Zスケーラー(ZS)を買うのは今ではない

Zスケーラー(ZS)は、コロナショック後の世界で伸びていく企業のひとつであるとジェイは考えています。

なので、ジェイは今でもハイテク株の買いリストにZスケーラー(ZS)をピックアップしています。

しかし、成長が期待できるからといってZスケーラー(ZS)の株を今買うのか?と問われたら、ジェイは『ノー』と答えます。

では、ジェイならどのネットセキュリティ株もしくはハイテク株を買うのか?

次回はこの点についてお話します。


今回のまとめ

Zスケーラー(ZS)の株価は稼ぐ力を考えると高すぎる
・Zスケーラー(ZS)はキャッシュ・リッチな企業ではない
・Zスケーラー(ZS)は成長が期待できる企業
・しかしZスケーラー(ZS)の株を買うのは今ではない

今回は以上です!


注記事項
ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください。

スポンサーリンク

-マーケット分析コメント

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ