Pythonコード集

【Pythonコード集】Yahoo!finance USから企業のデータを取得するコード

この記事は2分で読めます。

 

企業の情報を取得するコード

今回の銘柄

クラウドセキュリティのサービスを提供しているジースケーラー(ZS)です。

ジェイが注目しているグロース株のひとつです。

 

コードの目的

Yahoo!finance USが提供しているデータから、収益に関する情報のみをピックアップします。

 

Pythonコード一覧

#ライブラリのインポート
import pandas as pd
import yfinance as yf

#ティッカーコードの設定
zs = yf.Ticker('ZS')

#ジースケーラーのファンダメンタルズデータを取得
df_zs = zs.info


#取得したデータをfor文でひとつひとつ取り込む
#まずは辞書型のキーから
keys = []

for key in df_zs.keys():
    keys_list = {key}
    keys.append(keys_list)
keys = pd.DataFrame(keys)

#次に辞書型の値をfor文で取り込む
values = []

for value in df_zs.values():
    values.append(value)
values = pd.DataFrame(values)

#データの統合
data_zs = pd.concat([keys,values],axis=1)

#データフレームのカラム設定
data_zs.columns = ('Category', 'Data')

#全部のデータを確認するコード
pd.set_option("display.max_rows", 151)

#収益に関するデータのみをピックアップ
data_zs[13:24]

#最後に見たいデータを変数に格納
data_zs = data_zs[13:24]

 

結果

企業の収益に関する情報のみをピックアップすることができました。

詳細はこちらの記事から

上のコードの詳細については、以下の記事をご覧ください。

関連記事
【Pythonコード集】Yahoo!financeから米企業の情報を簡単に取得する方法  解説編

目安:この記事は3分で読めます。 前回の記事では、PythonとYahoo!finance USを組みあわせて、効率よく企業の収益情報を取得する方法について解説しました。 未読の方は、以下のリンク先か ...

続きを見る


注記事項

ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。
当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください

 

おすすめの記事

1

ーこの記事は5分で読めますー さて、今月最大のビッグイベント『連邦公開市場委員会(通称FOMC)』が11月2日(日本時間3日早朝)に終了しました。 今回の注目ポイントについて、わかりやすくFOMC声明 ...

2

ーこの記事は5分で読めますー 前回の記事では、対米ドルで円安が進行していることについてふれました。 その際、Pythonコードで作成したドル円のチャートを載せました。 前回の記事で使ったドル円のチャー ...

3

ーこの記事は5分で読めますー 半年ぶりに再始動した前回の記事では、今年(2022年)の米国株(アメリカ株)は下値を模索する展開が続く、と指摘しました。 そして米株安が続く理由として、2つのリスク要因を ...

4

ーこの記事は3分で読めますー 目次ブログ再始動結論この記事はこんな方におすすめこの記事で何がわかるの?本題”インフレが低下しない”というリスクパウエルFRBの失策さらに考えるべきリスク要因とは?おまけ ...

5

ーこの記事は3分で読めますー 前回の記事では、先行きリスクに対応するため、個人投資家ができることについてお話ししました。 先行きリスクに対応するための投資があるということは、先行きリスクが警戒されてい ...

-Pythonコード集