マーケット分析コメント

【米国大統領選挙】トランプ再選の可能性は十分にある

ー この記事は3分で読めますー

11月3日の米国大統領選挙が明日に迫ってきました。

これまでの報道や世論調査ではバイデン候補優勢という論調が目立ちます。


しかし、本当にそうでしょうか?

ジェイはむしろ...

トランプ再選

の可能性は十分にあると考えています。

その理由とは?

今回はこの点について考えてみます。


記事の結論

結論

世論調査は対象者のサンプル数によって結果が大きく違ってくる。2016年の大統領選挙で『隠れトランプ支持者』の動向を的確にとらえたトラファルガー・グループの調査では、トランプ再選の可能性が高まっている。『トランプ再選』のカギは接戦となっている6州の動向にあり。

記事の対象となる人

対象者

・米株を取引している人
・米株の投資に興味がある人


トランプ再選の可能性は?

『隠れトランプ支持者』の動向

トランプ米大統領が再選される可能性をジェイが意識し始めたのが、ある統計の結果です。

その結果を集計し公表しているのが『トラファルガー・グループ』という調査会社です。

なぜ、ジェイはトラファルガー・グループの調査を信頼しているのか?それは...

隠れトランプ支持者の動向を的確に把握している

からです。


読者のみなさん、統計の調査において最も重要なことってなんだと思いますか?それは..

対象となるサンプル数

です。

統計学の世界では、調査する対象の数のことを『サンプル数』といいます。このサンプル数が多ければ多いほど、統計の結果が『真の値』に近づくという定義があります。


トラファルガー・グループはサンプル数にこだわった調査をし、2016年の米国大統領選挙で『隠れトランプ支持者』の動向を的確にとらえた実績があります。

そのトラファルガー・グループが具体的に取った手法というのが...

最小のサンプル数を『1,000人以上』とした

ことでした。

サンプル数の最小となる基準を1,000人という大人数に設定することで、『隠れトランプ支持者』の動向を的確にとらえることができた、というわけです。


接戦6州が勝敗の分かれ目

勝敗の鍵を握る接戦州

では、トランプ米大統領が再選するためにはどんな条件をクリアする必要があるでしょうか?それは以下の2つです。

トランプ再選の条件
  • 大票田のフロリダ州を取れるかどうか
  • フロリダ州以外の接戦5州の勝敗

多くの専門家や市場の関係者が注目しているのが『接戦6州』の動向です。

接戦6州

①:フロリダ
②:アリゾナ
③:ウィスコンシン
④:ノースカロライナ
⑤:ペンシルベニア
⑥:ミシガン


フロリダ州を取ることが最低条件

トランプ米大統領選挙が再選を果たすための最低条件は...

トランプ再選の最低条件

選挙人が29人の大票田『フロリダ州』を取る

ことです。


ここで各州ごとに割り当てられた選挙人の数をみてみましょう。

米国大統領選挙の選挙人マップ
赤『トランプ優勢』 青『バイデン優勢』

Source: RealClearPlitics

マップ右下の部分、ここが『フロリダ州』です。

選挙人は『29人』で、ニューヨーク州と同じ大票田の州です。

色を見ると赤でも青でもない『グレー』です。

ということは、トランプ派とバイデン派の支持がせめぎあっていることを示しています。


では、トラファルガー・グループの調査結果はどうなっているでしょうか?

フロリダ州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月30 日時点

10月30日時点でトランプ米大統領が47.8%バイデン候補が45.7%となっています。

また、これから支持率がどっちの候補者に傾くのかを示すTOTALS (with leans)を確認すると、トランプ米大統領が49.6%バイデン候補が46.9%で支持率の差がさらに広がる予想となっています。

よって現状では...

フロリダ州の予想

トランプ米大統領がフロリダ州を取る!

可能性が高まっており、再選のための最低条件をクリアすると思われます。


しかし、フロリダ州を取るだけでは足りません。

フロリダ州以外の『接戦5州』でどれだけ票が取れるか?この点もトランプ再選のカギを握るからです。


ではその『接戦5州』の動向も確認してみましょう。

アリゾナ州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月30日時点

10月30日時点でトランプ米大統領が47.5%バイデン候補が45.2 %

TOTALS (with leans)ではトランプ米大統領が48.9%バイデン候補が46.4%で...

アリゾナ州の予想

トランプ米大統領がアリゾナ州を取る!

可能性が高まっています。


ノースカロライナ州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月31日時点

10月31日時点でトランプ米大統領が47.0%バイデン候補が45.1%

TOTALS (with leans)ではトランプ大統領が48.6%バイデン候補が46.5%で...

ノースカロライナ州の予想

トランプ米大統領がノースカロライナ州を取る!

可能性が高まっています。


ペンシルベニア州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月25 日時点

10月25 日時点でトランプ米大統領が46.7%バイデン候補が45.8%

TOTALS (with leans)ではトランプ米大統領が48.4%バイデン候補が 47.6で...

ペンシルベニア州の予想

トランプ米大統領がペンシルベニア州を取る!

可能性が高まっています。


ミシガン州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月29日時点

10月29日時点でトランプ米大統領が46.5%バイデン候補が45.0 %

TOTALS (with leans)ではトランプ米大統領が49.1%バイデン候補が46.6%で...

ミシガン州の予想

トランプ米大統領がミシガン州を取る!

可能性が高まっています。


ウィスコンシン州の調査結果

Source: The trafalgar group / 10月25日時点

10月25日時点でバイデン候補が46.1%トランプ米大統領が45.4%

TOTALS (with leans)でもバイデン候補が47.5%トランプ米大統領が47.1%とバイデン候補が優勢です。よってこのブログを書いている時点では...

ウィスコンシン州の予想

ウィスコンシン州はバイデン候補が取る!

可能性が高いです。

しかし、両者の差は1ポイント未満

バイデン候補のスキャンダル報道などで、トランプ大統領が逆転する可能性は十分あります


トランプ陣営 接戦州5つを取る可能性あり

トラファルガー・グループの予測によれば、接戦州6州のうちなんと...

接戦州6の最終予想

トランプ米大統領が接戦州5つを取る!

可能性があります。


メディアの情報を疑え

ジェイは仕事柄、マーケットに関するいろんな情報を得ることができる立場にいます。

この仕事を通して感じることは『既存のメディアの情報を何の疑いもなく信じてしまうリスク』です。

情報が民主化され、今や誰もがメディアを持てる時代になった今でも既存のメディアの影響力は大きく、それゆえ彼らの発信する情報が、あたかも『全体の事実なんだ!』として世の中に広まるケースがあります。

今回の米大統領選挙で言えば『バイデン候補優勢』がそうです。

『バイデン候補優勢』なのは事実です。

しかしこれは『小さな事実』にすぎません。

情報ソースが違えばまた違った事実があります

これらひとつひとつの小さな事実を色んな情報ソースからひろってきて...『全体の事実はどうなのか?』を考えることは、投資に限らず、情報化された社会の中で私たちが生き抜くために一番必要なことだとジェイは考えています。


今回の記事では『バイデン候補優勢』の事実とは別に、『トランプ大統領優勢』の事実があることを指摘しました。

今回の記事がみなさんの投資のアイデアに少しでも役立てばうれしい限りです。


今回のまとめ

まとめ

米国の大統領選挙について既存のメディアや世論調査では『バイデン候補優勢』の論調が目立つ。しかし、トラファルガー・グループの調査では、接戦となっている6州のうち5州で『トランプ大統領優勢』という調査結果がある。
いくつもの情報ソースから小さな事実を組み合わせて『全体の事実』を考えることは、投資に限らず、私たちが情報化された社会を生き抜く上で重要なスキルである。


注記事項

ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください

スポンサーリンク

-マーケット分析コメント

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ