マーケット分析コメント 米国の株価指数

【米株】今週の展望 ナスダック指数は上昇と下落が交差する展開を予想

ー この記事は3分で読めます ー
投資家さん
投資家さん

ジェイさん、今週の米株はどんな展開になると思いますか?

このブログでは、毎週月曜日にその週の米国株(アメリカ株)の展望についての記事をアップしています。

上の投資家さんのようにー

知りたいこと

今週はどうなるのか?

という声をリアルな仕事をとおして良く耳にするからです。

さて、今週はどんな展開となるか?

 

今回の結論

結論

今週も米株高をけん引しているナスダックス指数のトレンドに注目したい。

そのナスダックス指数は上昇と下落が交差する展開が予想される。売り要因は短期的な過熱感にある。この点はテクニカルが示唆している。また『Fear and Greed』が低下基調にあり、先週から投資家の強気心理が後退している。

Pythonで予測の分析をすると上昇トレンドを維持するという結果に。財政政策と金融緩和政策への期待も続いており、米株が下落しても『政策期待』による買いがすぐに入ると予想する。


米株の中でもハイテク株は『押し目買い』戦略を維持したい。

この記事の対象となる人

対象者

・米株の投資をしている人
・米株のトレンドに興味がある人

・Pythonでの株式分析に興味がある人

 

今週の展望

12月に入ってからの米国株(アメリカ株)は、ナスダック総合指数(以下ではナスダック指数)の上昇にサポートされて、ゆるやかな上昇トレンドを維持しています。

ということは、今週の米国株(アメリカ株)のトレンドを考える上で、ナスダック指数の動きはひきつづき重要な指標となります。

では、そのナスダックス指数は今週どのようなトレンドとなるのか?

結論から言いますと-

ナスダックス指数の展望

今週のナスダックス指数は上昇と下落が交錯する

とジェイは予想しています。

 

ナスダックス指数が下落すると予想する理由

テクニカルと『Fear and Greed』

まず、ナスダックス指数が下落すると予想する理由です。

売りの理由

①RSIが買われ過ぎの『70』ポイントまで上昇している
②25日移動平均線とのかい離が5%を超えようとしている
③Fear and Greedが低下基調にある

ひとつひとつ詳しくみていきましょう。


RSIの動向

まずは、RSIの動向です。

RSIは、相場の過熱感を考える上でとても有益なテクニカル指標です。

このブログでも何度か紹介しました。

RSIの基本的な見方や考え方については、以下2つの記事をご覧ください。
初心者の方でもわかるように簡単にまとめた記事となっています。

RSIについて
https://indepth-markets.com/hightech/analysis-for-avalara-20201021/
https://indepth-markets.com/usstocks/how-to-sell-stocks-20201209/

 

現在のRSIについて結論から言いますとー

RSIの動向

買われ過ぎの水準『70』まで上昇している

ナスダックス指数のチャート
RSI

ナスダック指数の日足チャート(年初来)
ナスダック指数の日足チャート(年初来)
Source:Trading View

米株高のトレンドが始まった今年の4月以降のパターンを確認すると、RSIが70付近まで上昇するとナスダックス指数は反落する、というパターンが見られます。

現在、RSIは70.0付近です。

次は、もうひとつのテクニカル要因『25日移動平均とのかい離』についてみてみましょう。


25日移動平均線とのかい離

移動平均線は、テクニカル分析で最も使われる指標のひとつです。

株式市場を分析する場合は、5日、10日、25日、75日、100日そして200日の各移動平均線がよく使われます。

上の移動平均線の中でもナスダックス指数を分析するときは、25日移動平均線を重視すると良いでしょう。

ナスダックス指数のチャート
25日移動平均線

ナスダック指数の日足チャート(今年2月以降)
ナスダック指数の日足チャート(今年2月以降)
Source:Trading View

上のチャートを見ればわかるとおり、今年の4月以降(株高トレンドが発生して以降)、25日移動平均線はサポートラインとしてもレジスタンスラインとしても意識されている重要な指標であることがわかります。

現在、ナスダックス指数は25日移動平均線より上の水準にあります。

ジェイが注目しているのはー

注目していること

ナスダックス指数の価格と移動平均線の価格の『差』

です。

この『差』について、ジェイがいる業界では『かい離』と呼びます。

なぜ『かい離』が重要なのか?

それは上で述べたRSIと同じく、相場の過熱感を見るための指標となり得るからです。

今年4月以降のパターンを確認すると、ナスダックス指数の価格が25日移動平均線の価格から5%を超えるかい離となると反落するパターンが見られます。

ナスダックス指数 25日移動平均線とのかい離チャート

ナスダック指数 25日移動平均線のかい離チャート(年初来)
ナスダック指数 25日移動平均線のかい離チャート(年初来)

上のチャートをみると、現在のかい離は『4.0%』です。

ナスダックス指数が上昇トレンドを維持している状況を考えると、今週のかい離が5%を超えてくることが予想されます。

かい離が5%超えとなれば、調整の売りを意識する必要があるでしょう。


低下基調の『Fear and Greed』

最後は、このブログで何度かとり上げた『Fear and Greed』です。

『Fear and Greed』は投資家の心理を見る上で、とても重要な指標です。

詳細については以下の記事をご覧ください。

『Fear and Greed』について
https://indepth-markets.com/usstocks/hot-wo-forecast-the-trend-of-the-us-stock-20201205/
https://indepth-markets.com/usstocks/forecast-for-the-us-stock-markets-this-week-20201207/

 

Fear and Greedのチャート

Fear and Greedのチャート
Fear and Greedのチャート
Source:CNN

上のチャートの右上をみてください。

低下基調にあることがわかります。

この動きは、①2018年後半の下落(FEDショック)②2020年前半の下落(コロナショック)が発生する直線の動きと似ています。

現在のFear and Greedから読み取れることはー

読み取れること

投資家の心理が『Greed(強欲)』から『Fear(恐れ)』に傾いている

ということです。

『Fear(恐れ)』に傾いているというとは、米国の株式市場に参戦している投資家はー

ポイント

現在の株価に対して警戒心を抱いている

ということです。

警戒心を抱く理由は、コロナリスク、短期的な過熱感そして企業の業績に対して株価が高過ぎる等々、色々あると思います。

どんな理由があるにせよ、テクニカルと投資家の心理を反映する指標は、今週の米株(アメリカ株)に売りの圧力が高まる可能性を示唆しています。

 

ナスダックス指数が上昇すると予想する理由

Pythonでの予測分析

しかし、ナスダック指数が予想どおりに下落しても、下値ではすぐに『押し目買い』が入る展開を予想します。

そう考える理由は、Pythonでの予測にあります。

予測のサマリー

・予測モデル
 ARIMAモデル

・パラメーター

 AR(p)=2、差分(d)=1、MA(q)=1

・データの期間

 2020年10月1日から12月18日

・訓練データ数:40

・テストデータ数:18

このブログで何度か紹介した『ARIMAモデル』でナスダックス指数の動向を予測してみました。

ARIMAモデルについては以下の記事をご覧ください。
初心者の方でもわかるように簡単にまとめてあります。

ARIMAモデルについて
https://indepth-markets.com/usstocks/python20200914/

ARIMAモデルの予測チャート①

ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)
ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)

上のチャートには3本の色分けされたラインがあります。

黒いラインが訓練データ(Pythonに学習させた実際の株価)
赤いラインがテストデータ(Pythonに ”学習させなかった” 実際の価格)
青いラインがARIMAモデルで予測した株価

注目して欲しいのは、赤いラインのテストデータ(Pythonに "学習させなかった" 実際の価格)青いラインの予測された価格のトレンドです。

完全に一致しているわけではありませんが、ほぼ同じトレンドを描いていることがわかります。

 

投資家さん
投資家さん

なんでわざわざ訓練データとテストデータの2つに分ける必要があるんですか?

 

上の投資家さんのように疑問に思った読者の方がいるかと思います。

その理由はー

データを2つに分ける理由

予測モデルの精度を確認するため

です。

簡単にいうと

① 訓練データでpyhonに学習させ

② pythonは自動で株価の予測をし

③ 予測された株価とテストデータ(pythonに "学習させなかった " 実際の価格)を比較してパラメーターの正確性をみる

ということです。

 

ARIMAモデルの予測チャート①

ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)
ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)

あらためて上のチャートを確認すると、赤いライン青いラインのトレンドがほぼ一致しています。

これが意味することはー

ポイント

今回の予測分析で採用したパラメーターAR(p)=2、差分(d)=1、MA(q)=1の正確性がある程度高い

ということです。

 

モデルの正確性が確認できました。

次に、そのモデルで将来のトレンドを予測してみました。

予測チャート

ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)
ナスダック指数の予測チャート(今年10月以降)

青いラインがPythonが予測した価格のラインとなります。緩やかな上昇トレンドを描いていることがわかります。

ジェイが与えたデータでナスダックス指数の上昇トレンドが続くと、Pythonは予測しているというわけです。

今回の予測は、直近の上昇トレンドの影響を受けているという面があります。

しかしファンダメンタルズの面では、最も重要な追加の景気対策(財政政策)が米国の与野党で合意に近づいています

FED(アメリカの中央銀行にあたる組織)も長期的に量的緩和政策を続けることを表明してきました。

よって、ナスダックス指数が下落しても『政策期待』が意識され、下値では買いが入ると予想します。

 

Pythonを学ぶなら?

今回は、プログラミング言語のPythonでナスダック指数の分析を行いました。

Pythonを学べば、もっとい色んな角度から株価の分析をすることができます。

 

投資家さん
投資家さん

ジェイさんはどうやってPythonを勉強したんですか?

 

最近、投資家さんと同じ質問をうけることが多くなったな、と感じます。

結論から言いますとー

おすすめの勉強方法

で学ぶことをおすすめします。

テックアカデミーは、オンラインのテキスト形式でプログラミングが学習できるスクールです。

Udemyは、オンラインの動画形式でプログラミングを学ぶことができます。

 

プログラミングの勉強では、本で学ぶよりもテキスト画像や映像を見ながら学ぶ方が効率が良いです。

しかもテックアカデミーUdemy『オンライン学習』ですので、さらに効率良く学ぶことができるでしょう。

特にー

ポイント

時間のない社会人の方こそ

テックアカデミーとUdemyで学習することをおすすめします。

ジェイはそうやってPythonを勉強してきましたし、これからも続けていくでしょう。

 

Pythonに特化したおすすめコースは以下です。どちらかひとつ受講すれば1~3か月でPythonの基本をマスターすることができます

 

Pythonに特化コース

 

 

今回のまとめ

まとめ

今週も米株高をけん引しているナスダックス指数のトレンドに注目

・今週のナスダックス指数は、上昇と下落が交差する展開を予想する。売り要因は短期的な過熱感にある。この点はテクニカルが示唆している。また『Fear and Greed』が低下基調にあり、先週から投資家の強気心理が後退している。

・Pythonで予測の分析をすると上昇トレンドを維持するという結果に。財政政策と金融緩和政策への期待も続いている。米株が下落しても『政策期待』による買いがすぐに入ると予想する。


以上のことを総合的に考えるならば米株、特にハイテク株は引き続き『押し目買い』戦略を維持したい。


 

注記事項

ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。
当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください

スポンサーリンク

-マーケット分析コメント, 米国の株価指数

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ