matplotlib Pythonで分析!

インフレ時代の米株投資 その1

投資家さん
最近『米国ではインフレの期待が高まっている』というニュースを耳します。
インフレが進む時はどんなセクターや銘柄に注目すれば良いんですか?

昨年の8月以降、米国の長期金利(10年債利回り)は上昇トレンドにあります。

これは、景気の回復と物価の上昇-いわゆる『インフレ』を意識した動きです。

 

先週、アメリカの議会は1.9兆ドルという巨額の財政政策を可決しました。

この効果が波及すれば『景気の回復→インフレ』のトレンドはさらに加速するでしょう。

 

そう、これからアメリカの社会はー

ポイント

インフレの時代

を迎えようとしています。

 

来るべきインフレ時代に注目すべき米株のセクターや銘柄とは?

今回から3回のシリーズで、これらの点についてお話します。

 

今回のテーマ

インフレと金利が上昇する時代に注目すべき株式

 

記事を読んでわかること

わかること

  • 今年に入り最も買われている株式
  • インフレ時代に注目すべき株式
  • インフレとエネルギー価格の関係について

 

この記事の対象となる人

こんな人におすすめ

  • 米株の投資を考えている人
  • 銘柄の選択で迷っている人
  • 投資の経験がない / 浅い人

 

結論からいいます

  • インフレの恩恵を受けやすい株式がある
  • それらの株式はすでに上昇し始めている
  • エネルギー関連の株式に注目

 

まずはセクター別のパフォーマンスを確認しよう

米株の投資に限らず何かを分析するときに重要なのは、”鳥の目→虫の目→魚の目”の順で分析することです。

鳥の目とは『全体像』を把握することです。空から地上を見渡す鳥のように。

虫の目とは『詳細』を把握することです。地面を這(は)う虫のように

魚の目とは『流れ』を把握することです。潮の流れをみる魚のように。

 

そこでまずは、多くの機関投資家が米株投資のベンチマークとしているS&P500の『セクター別パフォーマンス(年初来)』を "鳥の目" で見てみましょう。

セクターとは?

株式を分析する時に、企業の業種や個別の株式が持つ特性をベースにして分類したグループのこと

例えば、日本の東証では『33業種』のセクターに株式を分類しています。

セクターに分類し、それらをまとめて分析することで、現在の米株がどんな状況にあるのか?という全体像が簡単に理解できます。

 

 ”虫の目” で個別の銘柄をピックアップするのは、その次となります。

 

S&P500のセクター別パフォーマンス

例のごとくPythonで分析してみました。

すると以下の結果が。

・年初来のセクター別パフォーマンス

S&P500のセクター別パフォーマンス(年初来)

 

”Energy=エネルギー” の好パフォーマンスが目立ちますね。

次いで ”Communication Services=コミュニケーションサービス””Financials=銀行” そして ”Consumer Discretionary=”一般消費財” となっています。

 

数字だけでは分かりづらいので、『matplotlib』のビジュアルチャートで確認してみましょう。


matplotlibって何?という方は、以下のリンク先をご覧ください。

matplotlibとは?


・セクター別パフォーマンスチャート

S&P500 セクター別パフォーマンスのチャート(年初来 / %)

ひと目で、”Energy=エネルギー” の好パフォーマンスがわかります。

 

注目すべきこと

上のパフォーマンスで注目すべきことはー

注目点

エネルギー、銀行そして一般消費財はインフレと深い関わりの深いセクター

だということです。

 

インフレ時代の注目銘柄
"エネルギー株"

インフレとエネルギー価格にはどのような関係があるのでしょうか?

簡単にまとめると、以下のような深いつながりがあります。

インフレとエネルギー価格の関係について


  • 景気の底

    米国をはじめ、各国の政府と中央銀行の経済対策が行われる


  • 景気の回復

    ・経済対策により景気が回復する!との期待が市場で高まる
    ・実際に企業の業績が改善し景気も回復する
    ・景気の回復はモノやサービスの価格を押し上げる『インフレ』の圧力を高める


  • エネルギー需要の拡大

    ・景気が回復すると経済の活動が活性化する
    ・経済活動を支えるためには『大量の資源』が必要となる


 

上の関係について、ポイントは以下の三点となります。

ポイント

1:景気の回復とインフレがセットであること
2:景気の回復と資源需要の拡大がセットであること
3:1と2の関係からインフレと資源価格の上昇がセットであること

この動きを先取りしているからこそ、エネルギーのセクターが最も上昇しているというわけです。

そしてこの動きは、今年いっぱい続くとジェイは予想しています。

上の予想をベースに、ジェイは『Devon Energy Corporation(ティッカーコードDVN)』を24ドルで30株のポジションを保有しました。

米国の長期金利が上昇トレンドを維持していること、その金利上昇のリスクに対する米株(アメリカ株)の耐性が強まっていることを確認してから買ったので、高値圏での保有となりました。

しかし、インフレと資源価格の上昇を見越してDVNは今年の後半まで保有する方針です。

また、DVNの他にもあと2つほどエネルギー関連の米株(アメリカ株)をピックアップしています。

この点についてはこのシリーズの最終回でお話します。

 

他の注目セクターは?

今回は ”エネルギーセクター” を取り上げました。

しかし、もうひとつ注目すべきセクターがあります。

次回はこの点についてお話します。

ヒントは『金利の上昇で収益が上がるセクター』です。

 

まとめ

まとめ

  • これから米国の社会はインフレの時代を迎える
  • インフレの時代に合った株式のセクターがある
  • そのひとつがエネルギー関連のセクターである
  • インフレの上昇を見越して今年に入りエネルギーセクターは最も上昇している

注記事項

ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。
当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください

 

最後に

Pythonを学びたい方へ

今やPythonは、マーケットの分析に限らず、あらゆる分野で使われているプログラミング言語です。

事実、今回の記事でもPythonのプログラミングで最も使われるmatplotlibを用いて、S&P500のセクターパフォーマンスを分析しました。

Pythonを学んでおけば株式の投資に役立つだけでなく、これからのキャリアを形成する上でも力強い武器となるでしょう。

『私もPythonを学んでみたい!』

という人は以下のリンク先をご覧ください。

プログラミングを学ぼう

 

なぜプログラミングを学ぶ必要があるのか?その理由がわかります。

そして、ジェイが四苦八苦しながら『これがPythonを効率的に学ぶ方法だ!』と自信をもっておすすめした学習方法について解説しています。

この記事と出会ったのも何かの縁です。
ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

-matplotlib, Pythonで分析!

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ