Pandas

Pandasで株価を取得する方法

Pandasでアップルの株価を取得してみよう!

この記事はこんな方におすすめ

  • Pandasのことがまったくわからない人
  • Pandasで株価を取得したい人
  • Pythonを使った株価の分析に興味がある人

 

結論

たった3行のコードを書くだけでアップルの株価を取得することができる!

 

手順

step
1
『pandas』をインポートする

step
2
『pandas_datareader』をインポートする

step
3
変数『df』にデータを入れる

 

コードを書いてみよう

ステップ1:pandasのインポート

pandasはデータをエクセルのような行列でまとめてくれるライブラリ。
pandasなしでPythonでの株価分析はできないというくらい重要です!

import pandas as pd

 

ステップ2:pandas_datareaderのインポート

pandas_datareaderはヤフーから株価のデータを取得するために必要なライブラリ。
『~ as web』と書くことでステップ3のコードが短く書ける。『as ○○』という書き方はpandasではよくある書き方なので覚えておこう!

import pandas_datareader as web

 

ステップ3:実際にデータを取得して変数『df』にいれてみよう!

『df』はデータを入れる変数の名前としてよく使われる単語。

df = web.DataReader(data_source='yahoo',name='AAPL',start='2020-01-01')

ポイント:DataReaderの中身

data_source='yahoo'
データソースを'Yahoo! filance'に設定するという意味。

name='AAPL'
銘柄名を'アップル'にするという意味。必ずティッカーコードを入力する。
例:アマゾンなら『AMZN』

start='2020-01-01'
いつからデータを取得するかを設定する。
いつまでのデータを取得するというコードは『end='日付'』で設定する。
例:end='2020-12-31'

 

まとめ

import pandas
import pandas_datareader as web
df = web.DataReader(data_source='yahoo',name='AAPL',start='2020-01-01',end='2020-12-31') #endを追加
df #データを表示するコード

このようにPandasを使えば、たったの3行でアップルの株価を取得することができます!

スポンサーリンク

-Pandas

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ