matplotlib テクニカル分析 米国株(アメリカ株)

【米国株】これからのグロース株投資で注目すべきポイント

2021年9 月2日に関連記事をアップデートしました。

以下のリンク先よりご覧ください。

関連記事
【Pythonコード集】2つの縦軸のチャートをつくってみよう!

目安:この記事は3分で読めます。   2021年8月30日の記事で、縦軸(Y軸)が2つあるチャートを作成して、グロース株とアメリカの長期金利のトレンドを比較しました。 2つの縦軸(Y軸)で違 ...

続きを見る


目安:この記事は3分で読めます。

 

このブログで何度か紹介した『ズームインフォ(ZI)』の株価が、新たなレンジの攻防へシフトしています。

ズームインフォ株の動きは、これから米国のグロース株へ投資をする時、『2つのポイント』に注目する必要があることを教えてくれています。

それは何か?

Pythonで作成したチャートを見ながら、今回は米国のグロース株投資で注目すべき2つのポイントについてお話しします。

 

この記事の対象となる人

こんな人におすすめ

  • 米国のグロース株に興味がある人
  • Pythonで株価の分析がしたい人

この記事でわかること

わかること

  • これから米国のグロース株投資をする時に注目すべき2つのポイント

 


Udemyおすすめの講座
・Pythonの基礎から応用まで一気に学ぶならこのコース おすすめ度
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

 

・データサイエンスを学ぶならこの2コース 2コースのおすすめ度
【世界で37万人が受講】データサイエンティストを目指すあなたへ〜データサイエンス25時間ブートキャンプ〜

【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

 

・Python、ファイナンス、英語を一気に学ぶ ”欲張りコース” おすすめ度
Python for Finance: Investment Fundamentals & Data Analytics
※このコースには日本語の字幕がついています。
Python、ファイナンスそして英語の力を同時に挙げるコースとしては、Udemy最強のコースです。
ジェイもこのコースで学び、今も復習で使っているコースです。


 

決算、決算、決算!

結論からいいますと、ひとつめはー

大事なことその1

とにかく決算を見ろ!

ということです。

 

なぜ決算が大事なのか?株価チャートで確認してみましょう。

ズームインフォの株価チャート

出所:TradingView 日足(年初来)

 

注目して欲しいのは、赤い縦線の前後で株価の水準と動きが明らかに違うことです。

具体的に、以下3つの点に注目してください。

注目の値動き

  • 今年2月の高値60ドルを突破
  • 57.5ドルレベルがレジスタンスからサポートへ転換
  • 短期サポートラインを維持

上3つの動きは、どれも株価が新たな上昇トレンドに入った可能性を示唆しています。

そのきっかけとなったのが、8月2日に発表された第2四半期の好決算でした。

米国株でいう好決算とは、以下3つの点でアナリスト予想を上回る決算のことを言います。

好決算とは?

  • 売上高がアナリストの予想以上
  • 一株利益(EPS)がアナリストの予想以上
  • 売上高とEPSの見通しがアナリストの予想以上

 

上のことを踏まえた上で、あらためてズームインフォのチャートを見るとー

もうひとつのポイント

好決算直後に出来高を伴って株価が急騰

していることがわかります。

株式投資で『出来高』はとても重要な指標です。

出来高のある銘柄は、投資家の注目度が高いことを意味するからです。

また、売買したい時に希望の株価で取引が成立する可能性が高まります。

好決算後の株価上昇が出来高を伴っての動きだったことは、ズームインフォと投資家の間で『この会社は大丈夫なんだ!』という信頼関係が築かれつつあることを示しています。

 

他のグロース銘柄が示す決算の重要性

ズームインフォだけではありません。

ジェイが投資をしている他のグロース銘柄も、今回の四半期決算をクリアした銘柄が急騰しています。

その一つが、ドクシミティ(DOCS)です。

ドクシミティの株価チャート

出所:TradingView 日足(今年6月24日以降)

ドクシミティのビジネスを簡単にいうと、『医療関係者を専門にしたリンクトイン』のサービスを提供しています。

今年の6月に上場したばかりで、8月10日に初の四半期決算を迎えました。

結果はー 見事にクリア!

その結果、ドクシミティの株価は急騰し、8月25日に上場来高値95.97ドルをつける局面がありました(2021年8月30日時点)。

95.97ドルをつける前に反落する局面がありましたが、70ドルのレベルがレジスタンスからサポートへ転換していることがわかります。

ズームインフォと同じく、地合いの強さを感じさせる動きです。

 

決算をミスしたアマゾン

一方、売上高の見通しでアナリスト予想を下回ったアマゾン(AMZN)の株価は急落しました。3,400ドルがサポートからレジスタンスのポイントへ転換する可能性があります。

アマゾンの株価チャート

出所:TradingView 日足(今年5月以降)

 

アマゾンといえば、誰もが知る巨大企業です。GAFAMの一角です。

そんな企業と比べれば、ズームインフォやドクシミティは企業規模でもブランドネームでも劣ります。

しかし決算を一度でもミスをすれば、いかにアマゾンといえども売り圧力にさらされる厳しい現実があることを、上の株価チャートは教えてくれています。

 

米長期金利の動き

※2021年9月2日に以下の点を修正
誤:IWFではなくZIの株価データをチャートで表示
訂正:IWFの株価データをチャートで表示

 

これからのグロース株投資にとって、もうひとつ重要なことがあります。それはー

大事なことその2

アメリカ長期金利の動き

です。

下のチャートを見てください。

IWFとアメリカ長期金利の関係

アメリカの長期金利(10年債利回り)とグロース株の動きを反映するETF『iShares Russell 1000 Growth ETF(IWF)』の株価が反比例の関係にあることがわかります。

グロース株と米長期金利の関係

  • 米金利が上昇:グロース株が下落
  • 米金利が低下:グロース株が上昇

ちなみに、上のチャートはPtyhonで作成しました。

一度Pythonのコードを組んでしまえば、あらゆる銘柄の比較が簡単にできます。

 

パウエル議長 早期の利上げに否定的

8月27日(金)にオンラインで開催されたジャクソンホール会議で、FRBのパウエル議長は量的緩和の縮小(テーパリング)が終了しても、ゼロ金利政策の解除、つまりー

パウエル講演のポイント

利上げを急がないスタンス

を示しました。

その結果、アメリカの長期金利は1.36%手前から1.30%近くまで急低下しました。

アメリカ長期金利のチャート

出所:TradingView 5分足(8/27午後21時以降)

デルタ株のリスクは懸念材料ですが、今後もアメリカ経済は回復していく可能性が高いでしょう。

このため、アメリカの長期金利が上昇する局面が見られるでしょう。

しかし、米債市場では早期の利上げリスクが後退したこと、そして来年以降の成長鈍化が意識されていることを考えると、アメリカの長期金利が急騰するリスクは現時点で小さいといえます。

そのリスクが小さいことは、決算をクリアし続けているグロース株にとってはポジティブな要因です。

よってズームインフォは、決算をクリアし続ける限り保有する価値のある銘柄だとジェイは考えています。

事実、ジェイは保有し続けています。

 

以上のことから、米国株に投資を始める方、特に成長期待の高いグロース株へ投資を考えている方はー

グロース株のポイント

  • 決算をクリアし続ける銘柄
  • アメリカ長期金利の動き

に注目してください。

この2つに注目するたけでも、米国のグロース株のトレンドが徐々に予測できるようになります。

 

まとめ

米国のグロース株に投資をするときは、2つの点がポイントになります。

2つのポイント

  • 四半期の決算をクリアし続けているか?
  • アメリカの長期金利は急騰していないか?

 

また、株価チャートを見る時は、以下のことに注目してください。

チャートのポイント

  • 過去のレジスタンスポイントがサポートポイントへ転換しているか?
  • サポートラインを維持しているか?
  • 出来高を伴って株価が上昇しているか?

 

今回は以上となります。


注記事項

ジェイの米国株投資ブログ(以下当サイト)に掲載されている記事は、投資の助言を目的としたものではありません。当サイトに掲載されたコンテンツの正確性については、可能な限り注意を払っています。しかし、意図せず誤情報が紛れ込む可能性や情報そのものが古くなっている可能性があり、その正確性を完全に保証するものではありません。
当サイトのコンテンツを参考に投資を行い、その後発生したいかなる結果についても、当サイト並びにブログ運営者は一切責任を負いません。すべての投資行動は『自己責任の原則』のもとで行ってください

 

スポンサーリンク

-matplotlib, テクニカル分析, 米国株(アメリカ株)

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ