心をコントロールしたいあなたへ

トレードはあなたの『心』次第

投資では、”あなたが決めたルール” に則って取引をすることが鉄則です。

しかしそれを続けるのは難しいことです。

人間は感情に支配されやすいからです。

感情とは、『心』のことです。

自分の心をコントロール出来なければ、どんなに良い投資のルールを作っても、それが活かされることはないでしょう。

コントロールが難しい心をいかにしてコントロールするのか?

この問題を考える上で、ジェイが『これは心のコントロールに役立った!』と思った良書をご紹介します。


 

セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる

最初にご紹介するこちらの本こそ、あたなに真っ先に読んでいただきたい心をコントロールする本です。

こんな方におすすめ

  • 失敗をいつまでも引きずる人
  • 過去の辛い経験にしばられている人
  • 今の苦しい状況から抜け出したい人

この本の読み方

  • 最初から読むこと
  • 心をコントロールするテクニックに印をつけること
  • 自分に合ったセルフ・コンパッションをひとつ実践すること

セフル・コンパッションとは『あるがままの自分を受け入れる』ということです。

そうすることで、自分が投資で失敗したり、はたまた人生で苦難に直面しても心をコントロールして次に進めるのです。

著者のクリスティーン・ネフ氏も苦難の人生を歩んだことが本書で書かれています。

そしてセルフ・コンパッションによって救われたことも。

本書を読んでいただければ、自分の心をコントロールするテクニックを知ることができるでしょう。

『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』で紹介されている数々のテクニックは、取引で損切りなどの失敗をした時にともて役立ちます。

それどころか、あなたの人生をも好転させる影響力がある本だと思います。

なぜそんな大げさなことが言えるのか?

それは、ジェイがこの本で救われたからです。

あなたも実際に読んで、そのことを確かめてみてください。

 

マインドフルネス  ストレス低減法

次に紹介する本は、近年多くの成功者が実践している『マインドフルネス(瞑想)』系の本です。

こんな方におすすめ

  • 普段の生活に心をコントロールする方法を取り入れたい人
  • マインドフルネス(瞑想)に興味がある人
  • 集中力を高めたい人

この本の読み方

  • 一回目は初めからサッと読む
  • マインドフルネス(瞑想)のテクニックが書かれている箇所に付せんなどの印をつける
  • 2回目以降は印をつけたページから、今の自分にできるテクニックだけを読み込む
  • できるテクニックをひとつだけ選びそれを毎日実践する

この本は宗教色を極力なくし、『科学的』にマインドフルネス(瞑想)の効果と心に与える影響を詳しく解説しています。

本に書かれている知識を日常で使って初めて『本を読んだ』といえるのです。

『マインドフルネス  ストレス低減法』は、瞑想を軸にあなたの心をコントロールするテクニックを数多く紹介しています。

例えば、レーズンを口で噛(か)んでいるときに、その感触や噛んでいる行為自体に集中する-などなど。

本書は『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』と同じく、”実践的” な本です。

本書で書かれたテクニックを実践し続けると、心をコントロールしている自分に気が付くことでしょう。

実際、ジェイがそうでしたから。

『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』『マインドフルネス ストレス低減法』の二冊を読み込めば、投資の失敗や人生の苦難を乗り越えることができるでしょう。

ぜひご一読ください!

 

ザ・トレーディング──心理分析・トレード戦略・リスク管理・記録管理

『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』『マインドフルネス ストレス低減法』で、心をコントロールするテクニックを実践しながら、以下の本を読むことをおすすめします。

『ザ・トレーディング』は、投資ルールのカテゴリーで一番最初にご紹介しました。

自分をコントロールする観点からこの本を読む場合は、以下の2つが重要となります。

この本の読み方

  • ルールを守ることがいかに難しいかということを意識して読む
  • ルールを守れない心理の原因は何か?を意識して読む

新たにポジションを持つ時、利益を確定する時、損切りをする時... 常に人の心は揺れ動きます。

揺れ動く心をコントロールするためにはどうしたら良いのか?ということを理解するには、やはり『ザ・トレーディング』がベストだとジェイは思います。

『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』『マインドフルネス ストレス低減法』の二冊と合わせて読むと、”勝てる投資家マインド” を育てることができるでしょう。

 

© 2021 ジェイの米国株投資ブログ